スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作温室 3.扉部分 

さて、今日は仕事が暇だったので午後半休をとりました。

とっとと帰ってきて子供を保育園に迎えに行く前にちょこっと温室しました。(すでに動詞)

両面テープだけだとちょっと心もとなかったので、布テープで貼り付け面を補強。ついでに角も気になるので一緒に補強。
050929_1621~0002.jpg
・・・このガムテープ臭い・・T_T

温室前面ですが、一枚板だと開け閉めがメンドクサくなりそうだし温度変化も激しくなりそうなので、一段づつ開けられるようにします。
なのでまず一段分づつ切り取ります。
050925_1617~0001.jpg
分かり難いですが現物合わせで印をつけて切り抜くワクを書きました。

んで、その通りに切り抜くとこうなりました。
050929_1620~0001.jpg
スタイロフォーム自体がやはり折れやすいのでこんな細く切り出して大丈夫なのかしら。。。

050929_1619~0001.jpg
で、その切り出したものを嵌めてみました。


う~ん!なんか良い感じ^^
写真で見ると5割り増し綺麗に見えますね。^^;

この上に更に肝心の嵌め込み式の扉を付けるので、その分(スタイロフォームの厚さ20mm分)天地と左右を長くしてあります。
050929_1621~0001.jpg




おおおおおおおおー。いいんでねーのいんでねーの!?


もう少しだがんばろう。


スポンサーサイト

コバエコバエコバエコバエコバエコバエコバエコバエコバエコバエコバエコバエコバエコバエ 

ちょっとコバエ多くないっすか!?



多すぎませんか!?ええ!?



もう大変です。

先々週あたりからチラチラ見えていたんですが、まあちびっとだし放っておいたんですわ。

そしたらですね、まずニジイロの♀単独一応産卵セットに大発生いたしまして。
取り合えず外に出てこないように慌てて例の紙を挟んどいたんですよ。

いやいや、先日ケースを覗いてみて驚いた驚いた。
灯火に集まる羽蟻の様に うじゃうじゃうじゃうじゃ・・・・。

ううーん。どうしたもんかと悩んだんですよ。

ただのセットならとっととマット捨ててケース洗って新しいマット入れてハイOK!なわけですけど、そこわ一応産卵セット。産んでなさそうでもゴミ袋にガサゴソ捨ててお終いってわけにも出来ず。。。

どーしよっかなあ、と、ケースを眺めながらビール飲んでいて、ふと隣を見たら100円ライターが目に留まりまして。
そっれはもう神様の啓示ですね。

アタマにぴ~んとくるものがありまして。。。


おもむろに火力をチカラ技でガスバーナーの様にしまして。。。


一応♀はコバエがなるべく逃げないようにコソーっと開けて、掘り出して避難。。。


んで、




     カチッ  っと。































ゴーーーーーーーーーーーーーーーーーーッーーーーーーーーー!!!!!!!


















・・・・やったやった。






これで暫く安泰かなーと、






あまく見ておりましたらば。。。。。。。









































今日見たら  また  大発生  _| ̄|○















・・・・・・・・・・・・・・・・・・。




























ゴーーーーーーーーーーーーーーーーーーッーーーーーーーーー!!!!!!!

























ぜいぜいぜい。。。




そのほかオオクワケースにもノコ♀ケースにも結構来てたのでこちらは全て全とっかえ。


せっせと例の紙を挟んでおきました。



あーすっきり。

続きを読む

自作温室2.断熱材のハリボテ 

何だかすっかり秋めいてきましたですねぇ。

3連休は天気に恵まれず、土曜日は子供の保育園最後の運動会だったのですが雨で月曜日に順延になってしまいました。
そう、今日だったんですわ。
でも私は仕事休めなかったので、奥さまに託しました。
けっこう頑張ったみたい^^ 来年は小学校で運動会だなー・・・。

さて。

そんな初秋ですが、自作温室製作作業は遅々として進んでおりません。ええ。

050925_1457~0001.jpg
いまんとここんな具合です。
取り合えずこの前組んでおいたメタルシェルフを覆うようにスタイロフォームを貼り付けてみました。
一番下の段はモノ置き場の為に空けておきました。下から2段目にヒーターを置き、その上3段分を温室として使用します。

スタイロフォームは普通のカッターでもザクザク切ることが出来ますが、20mmの厚さのものを表とウラで斜めにならない様に真っ直ぐ切り落とすのは結構至難の業です。(でした)
平らな“面"に切り口を合わせて接着して垂直になるのが理想なのですが、そうなかなか上手く行きませんでした。です。

CA310041.jpg
貼り付けは発泡スチロールも接着できる接着剤を考えていたんですが、どうにも乾くまでに時間が少し時間が掛かるのと、結構匂いがきつい。。。※1
多少の誤差を吸収してくれる期待もあって両面テープで貼り付けてみました。
選んだ両面テープは心材が厚過ぎず薄過ぎず、幅はスタイロフォームの厚さと同じ20mm幅でなるべく接着力の強そうなものにしました。
結果的に工業用の様な少し割高なものになってしまいましたが、まあそれでも500円くらいの差ですから、より良いものにしました。※2

天面と下面は角をこんな風に
050925_1356~0001.jpg

適当に切り欠きして支柱の逃げをつくりました。
・・・下面はともかく、この天面の切り欠きに果して意味はあったのだろうか。。。
このあたりから段々あやしくなってきてる・・・ーー;


050925_1548~0001.jpg
ま、でもこれで前を貼り付けておしまい!っと(+_+)\バキッ!

ここが一番の悩みどころ~。

さてどうしたもんか。戸を。(まだ悩んでのか)

この温室の設置場所は結構西日に晒され易い場所なのと保温効果が薄れるのも気になるので、なんとか上手く断熱材を使いつつ扉の様なものをつけられないかなー。と。
基本的にスタイロフォームだけなのでヒンジとか金具は付けられないし。。。

実はそのへんをネットで検索していて理想的なものを見つけているのでチャレンジしてみるつもりです。
各棚ごとに嵌め込み式の蓋状のものをつけるつもりです。

・・・つもりです。(予定は未定)

ううーん。悩ましい。。。


※1 (完成後の追記です)乾いてしまえば匂いは当然無くなりますよね。すみません。却ってテープの方が匂いが多少残るかもしれません。

※2 (完成後の追記です)確かに両面テープの方が簡単に接着するので便利ですが長期的な接着力は断然接着剤の方が上だと思います。特に多少なりとも引っ張られるチカラの掛かる個所では苦労してでも接着剤を使った方が良いようです。両面テープだと剥がれてくる時があります。

すまぬ 

・・そう言えば今日誕生日。38歳。あははは。


元気になったスマトラ♀。
ここ1週間ほど♂と同居させておりました。

♂は♀を目で追うばかりで何もせず、逆にチョコマカ動き回る♀に上に乗っかられる始末。(うらやまし・・(+_+)\バキッ!)

これからどうしよう。寒くなるけど温室つくる(はずだ)し、もう一度産卵セット組んでみたいなー。
とか思いつつほったらかしておりました。(めんどーは見てるよ)

しかしどうも数日前、またしても♀が蓋の裏側に張り付いて縮こまっていたらしいのです。

・・・まずい。

んじゃあいっそのこと産卵セットしちまうべえ。と、さっき(23:00JST)組みました。
ええ。あほです。

しかもこういう奴らに最適の微粒子・完熟・ムラムラ系のマットを準備していなかったので取り合えず、

ドルクス暖家のニューエッグマット、マルカンの1次発酵マット(名前忘れた)、グランディスマットを


  3:4:3


くらいの割合で混ぜてしまいました ーー;

産卵木は加水しました。5分ほど。意味ねえ。

しかもマット全体に加水しすぎたかも。



・・・・良い発酵が出来そうです!(+_+)\バキッ!!!


心配なので温度計の外部センサーを貼り付けました。。。


すまぬ。スマトラ♀。どうか産んでくれ。



自作温室 1.骨組み  

・・・寒くなってからでは遅そうなので。
・・・一発で上手くいかなそうなので。


もう9月も終盤なのに、今日なんか日中の(室内)気温が危うく30℃を越しそうでした。
しかし寒くなる時は一気になるので、その前になんとか自作温室を・・・。

まあ元々テキトー飼育なので無くてもいいのかもしれませんが、冬の寒さに外産たちが死んでいったり、コクワのようなオオクワが生まれてきたりするのも嫌だったので、イッチョウ造ってみようと思いまして。。。


今日は取り合えずクルマで近所の大型DIYショップへ行って良くあるメタルシェルフラックと断熱材を買ってきました。


050921_0702~0001.jpg

ラックは設置場所の都合とメインで使用している奈良オオ飼育ケース(中)に合わせて幅600mm×奥行400mm程度のものを探していたんですが、そう上手くはいかず、結局、幅540mm×奥行350mmのラックになりました。
高さはちょっと高めなのですが、そのひとつ下だと低すぎるので1600mmになりました。

本当は断熱材で覆ってしまうからこんな高価なメタルシェルフなんか必要なかったのです。
重くて無骨な鉄製のラックも考えたのですが、寸法が合わないし、棚を上手く(簡単に)網目のものに変えられそうに無かったのです。
もっと安価に水道管の様なパイプの組み合わせも考えたのですが、ちょっと大変そうなのと、意外と安くならないのでやめました。


050921_0708~0001.jpg

断熱材ですが、青い色のスタイロフォームにしました。
白い色の良くある発泡スチロールに比べて断熱効果が抜群に良いようなのですが、その分値段も2倍はしませんが1.7倍くらいします。
厚さ20mmくらいで900mm×900mmの大きさのものを10枚購入しました。


今日はあまりやる気になれず(+_+)\バキッ!、取り合えずラックを組み立てて終わりにしました。

続きはまたその内UPします。

・・・自作温室の製作をひっぱる奴もめずらしいですね ーー;


おや? 

050920_2041~0001.jpg
・・・なんかニジイロさん、材を齧りまくってます。
マットの表面に削りかすがいっぱい出てきてます。。。

今まで世間の例にならって交尾しまくりだったけど産まずの♀だったのです。
・・まあいい加減なセットでしたし。

少し前に♂を離してほったらかしてたんですよね。
最近姿が見えねえなあ、とか思ってたんですけどね。

ゼリー交換しようと蓋を開けてふと見るとオオクワよろしく材に穿孔。

さて、産んでくれるのかしら。。

時期ハズレ?


時期ハズレと言えば、もう今からオオクワにせよ外産ヒラタにせよ産卵セットするのはやめた方がいいのかなあ。。。
一応自作簡易温室をつくるめどがついたんだけど、やっぱり時期ハズレかなあ。

どーなの?


むなし 

050916.jpg



今日は上手く仕事が空いたので、突然休みを取ってしまった。

・・・こんな日は、そう!採集に行こう!
いっそ山梨方面まで足を伸ばして、オオクワとまでは行かないまでも来期への下見(予行演習かも)を兼ねて行ってみよう。
クルマは奥さまが通勤で使っているから両親に実家に頼んでクルマを借りてスススィーーーイッとー行ったれ~^^

よっしゃー!


と。思っていたわけです。

そそくさと子供を保育園に送り込み、奥さまに許可を頂いて、最近自分で面倒を見ていなかったクワたちの世話をして、クルマを借りるために近くに住んでいる実家の両親電話をする。

「プルルルル・・・プルルルルル・・・プルルル・・」
あれ?でねーね。んじゃ携帯にと。。。

「プルルル・・ガチャ。 はい?もしもし?」

「あ、俺々~俺だけど~(詐欺か)。クルマ今日借りてもいいかなあ。一日中。」

「え?クルマ?今運転中!ゴルフだから!」



_| ̄|○ ガックシ


そんな分けでさっきからフテクサレテオリマス。


・・・掃除でもしてポイント稼いでおくかな。




あほみたい 

20050915181806

渡さなければいけない書類を持ってお客さんの会社のそばまで来て、肝心のその書類を忘れた事に気がついた。

ついでの用事に気を取られてしまった。

なすすべなくお客さんに詫びの電話を入れると、それは大層呆れられました。

そりゃそうだ。
こっちからお願いして今日にしてもらったのに。

あーぁ。

はふ 

なかなか更新ネタがない。

さっき仕事から帰ってきたらスマトラ同居ケースの上にティッシュにくるまれた物体を発見。

「すわっ!スマトラ♀やられたか~!」

と思ってスーツを着たまま鞄を肩からをぶら下げたままこっそりティッシュを開くと、そこにはカブ♀が。。。

あーびっくりした。

これでカブは♂2・♀1が生き残ってます。
結構元気で頑張っている。
死んじまったら幼虫培養ケースになるわけだが。。。

今日も暑くて帰ってくるなりクワたちをチェック。
先に仕事から帰ってきている奥さまが霧吹きを与えてくれている様子でホッとする。
温度計を見ると最高30.8度、最低26.5度(朝6時から夜11時の間)
昨晩は最低25.0度だったからそこから考えるとその差が5.8度!
人間様にもキツイがクワガタ様たちもさぞお辛かろう。
もっと安定してくんないかな。

でももう直ぐ秋だ。(いや、もう秋か)
温室どこにつくりましょうかね?


050914.jpg




発酵マット価格 

http://www.e-mushi.com/mat.htm
完熟発酵マット 5L¥1,102:10L¥2,100

http://www.d1.dion.ne.jp/~2269/mat.html
技 10L¥1,575 25L¥3,150 50L¥5,985

http://www.tsukiyono.co.jp/stag/syouhinichiran/beetle-mat.htm
きのこMat 10L¥450! 10L×5¥1,980!

http://www.tsukiyono.co.jp/stag/syouhinichiran/kuwa-mat.htm
くわMat 10L¥600 50L¥2,650

https://www.naraoo.com:10474/ma.html
スーパーカロリーマット 10L¥2,000 50L¥9,000

http://www.wraios.co.jp/matto.htm
栄養フレークEX 10L¥1,050 50L¥3,990

http://www.kingss.com/youhin/hakkou.html
クワガタ専用 産卵飼育マット 10L ¥1,000

http://www.h3.dion.ne.jp/~k-dosa/matto2.htm
クルビマット 40L! ¥2,400

http://www002.upp.so-net.ne.jp/RTN/rtn2/sikuyouhin/siikuyouhin.htm
RTN Uマット 5L ¥1,000  5L×10 ¥8,500

他にも色々・・ 

今日はオオクワだけでなく他のも色々手をつけた。
主なところでは・・・


1:
コクワとデカコクワの(一応)産卵セットを発いて産卵木を少し割ってみました。てきとーにやっておいたのですが、結構ボロボロにされた産卵木。
指とマイナスドライバーで割っていくと4,5匹の初令幼虫が出てきました。
いつセットしたのか覚えていないのですが、もう少し大きいのがいるかと思っていたので意外でした。
余りに小さいので割り出すのを途中で止めて取り出した幼虫もろともマットに埋めておきました
 ーー;;ドキドキドキ。
オオクワの割り出しの予行演習と思っていたのにアテが外れました。
しかも結構端の方で黒くなって死んでいる幼虫が結構いました。
その周囲はグズグズでつぶすと水が染み出る感じだったので産卵木に直接加水していたせいなのかもしれません。。。

成虫が♂10、♀5くらい居るのですが、大ケースにひとまとめ。
さっきからケースが騒がしいです(汗)


2:
スマトラ♀が涼しくなってきてだいぶ復活してきたので、もう一度ペアリングしました。
♂のケースに無造作に放り込んだのですが、♂は覚えていたのかどうなのか我関せずで♀がジタバタと自分のツノの上を通り過ぎても無反応でした。
うーん。ヨロコブベキカカナシムベキナノカ。


そんなとこ。

かな。

何もかも初めてなのでドキドキです^^;

採集にしてもそうなのですけど、飼育の方も子供の頃では出来なかった事が色々出来るのでワクワクします。


おつかれさま 

本日福島さんの2本目の産卵木を確保しました。

セットしてから11日目。
写真は撮らなかったけど今回も前回並に齧られまくっていました。
今回はマットの中に埋まっている所が集中的に齧られていました。
前回とは逆です。面白い。

こっちにも沢山産んでくれていると良いなあ。

例によってコンテナにマットと共に埋めておきました。
1本目をセットから2週間で取り出して、取り出してから1ヵ月後(10月アタマ)に割り出してみるつもりなので、その様子で2本目の割り出しを決めようかと思います。

福島さんは同じくOKU氏から頂いた佐賀産♂と中ケースに入れて仕切りで分けて通常飼育にしました。

お疲れ様でした!

もう今期(?)は産卵セットはしないつもりです。
ウチには他に福島産の♂がいないし、持ち腹なので産めるだけ産ませるのも手かもしれませんが大事にしたいのでまた来年です。


そうそう、“博物館”で買ったスーパー山梨ペアも一応産卵木を確保しました。
埋めておいた産卵木の裏側を浅めですが齧っていました。

・・・意外とこっちの方がいっぱい産んでたりして^^;


でかいかな 

20050911173306.jpg

近所のジャンクショップの前を通った時に、お店の前にヒーターが並べてあったのを発見。

¥950なり。

サーモも別に打っていてそっちは¥500なり。

合わせて¥1450でした。ラッキーかも!

しかし200Wはちとでかいかな?
あまり見たことのないヒーターだしな。

その分大きい温室を作ればいいのか(笑)

まだあと2セットあったし。


あれ? 

・・・昨日、あれやこれやと飼育計画(?)らしき事を書いたのに。

本日、家族でお出かけついでに例の奈良オオクワセンターに寄ってパラワンオオヒラタ(ペア)を購入してしまいますた_| ̄|○

ま、息子が欲しがってた奴なんで。

・・・ま、奥さまも私もまんざらではないのですが^^;

ちょっと高かった ーー、


帰ってきて中ケースに仕切り入れて埋め込みマットとゼリーをセット。
♂は巨大なダニが着いていたので決死の思いで水洗いブラシ掛けしてダニ取りミストの刑。
メスは様子見も兼ねてクヌギの産卵木もセット。

さっきこっそり様子を見たけど♂も♀もジタバタと落ち着きが無い。
♀なんか隣の部屋から差し込んでいる明かりに反応してしきりに飛んでます。

飛ぶんですね。

パラワンにありがちな♂(90数ミリ)の大きさに比べて♀(40㎜くらい?)の小さいこと。。。
ペアリングは難しいのかな。
持腹に期待か?

まあとれなくてもいいけど。

明日一杯やる事あるなあ。

暑かった 

・・・ビルマにクスは3ヶ月程度しか生きられないと判明して断念(-_-)

今日は暑かった。
台風一過で朝から雲ひとつ無い快晴だったからね。

お陰で無人の昼間の室内は30℃~31℃。
(最高最低温度計バンザイ)

仕事を終えて21:30頃帰宅したら霧吹きして扇風機の風が満遍なく当てられている飼育ケースたちを見て一安心。

アリガトウ>オクサマ

土曜日は馬乗りだから日曜日に色々やらなきゃ。

1.OKU's福島さんの2回目の産卵木を確保とOKU's佐賀産♂とで中ケース仕切りにセット。
2.スーパー山梨ペアにダニ付きが激しいのでダニ落としセットに投入?(若しくはダニ落としスプレー)。産卵してなさそうな産卵木の確保。
3.コクワハウスとデカコクワハウスのズタズタ産卵木を割ると通常セット換え。
4.♀一匹で大ケースに入っているノコ♀を小ケースに。
5.別々のケースに入っているスマトラさんたちを中ケース仕切り付きに通常セット換え。
6.交尾ばかりでどーなってんだか分からないニジイロクワガタペアのセットを発いて中ケースで通常セットに換え。

・・・そんなもんかな?

未だに元気な地元採集生き残りカブトムシ2ペア達はどうしましょう。
幼虫の姿を確認しているのでいい加減別にした方が良いのかな?

悩ましい。


確かにかわいいわ。 

ドルクス暖家で見つけたビルマニクスと言うカブトムシ!

確かに可愛いわ。

・・・ちょっと欲しいかも。

いつの間にか 


昨日買い物をして500円硬貨まじりで支払うと、レジのおねーちゃんが顔を近づけてマジマジと500円硬貨を眺めていました。

 

思わず「何ですか??」と聞くと、

「記念硬貨ですね。使っちゃっていいですか?」
と、聞き返された。
あれ~。いつの間に財布に入ってたんだろう。
取りあえず普通の500円硬貨に替えて、記念硬貨はキープしておきました。

2002 FIFA World Cup Japan/Korea

って書いてある。

・・・これって貴重品?

なわけないか。

OKUwaの2本目の産卵木 

・・・最近飼育ネタばかりだな。_| ̄|○

なにを隠そう、ここでネタにしている某氏から頂いたオオクワと言うのは、かのOKU氏から頂いたものなのです。(本人から名前だしても良いと許可を頂きました)

メスは8月5日の採集記に出てくる個体。
福島で灯火採集されたものです。

OKUさん、ありがとうございます。


で。

この前8月31日に1本目の産卵木を確保して2回目の産卵木をセットしました。
今日、ちょっとケースを取り出して覗いてみたら、外に出ている部分の端っこに削りかすが溜まっていました。
CA310033.jpg

マットとの境目を良く見ると、どうやらまた坑道を掘っている模様。。。
CA310035.jpg
ちょっと分かり辛いのですが、産卵木断面の右下の所の暗い部分です。

今度はどうでしょうね。
ただ単純に自分の住処を作っているだけの場合もあるようですし。。。

ここ数日は定時に高蛋白ゼリーに齧りついてます。


今日は100円ショップで40cmくらいのやや深めの黒いコンテナを5つ買い込んで着ました^^
これは産卵木確保用です。コンパクトでなかなか良い感じです。
発酵マット曝し用のも買ったしね。その他にも色々使えそうなものが一杯。
100円ショップめぐりが楽しいです(笑)

ふう。 

22:30頃帰宅してみると家族は爆睡中。

心配なスマトラ♀のケースを覗くと高蛋白ゼリーに顔を突っ込んでいた。

このまま回復してくれれば。。。

ふと、傍らを見るとその♀を非難させた後のスマトラ産卵セットの蓋が開いている。


・・・・・・!?


中に逃げ出すものはいないから心配ないんだけど、見ると白いネバネバした粘菌の様なものがそこかしこに点在していた。

むむむむむむ!!!!

なんとなく全体の雰囲気がよろしくない!
ここから出した♀の気配が良くなってきた事を考えても、このセットに何か問題が発生していると考えるのが普通かも。
この中に埋まっている産卵木を救出せねば!


で。深夜の産卵セット発き(←あほ)


深めのバットにマットをぶちまけて、もしかしたら産んでいるかもしれないので端から丹念に調べていく。
・・・調べる・・・調べる・・・調べる・・・・・・・・。

居ない。。。

むう。やっぱりダメかなー。
そう簡単には産んでくれないのかな。

一応産卵木は齧られているのでグランディスマットに埋め込む。
で、もう一度マットを丹念に調べていくと、なにやら丸くてオレンジがかった小さな球体がひとつ。
・・・BB弾をふた周り小さくしたような。。。

んー。これがスマトラの卵とは思えない。(って見たことありませんが)
何か別な生き物の卵が混じっていたのか?

取り合えず産卵木と共にグランディスマットに埋め込む。

やっぱちゃんとしたヒラタに適したマットを使うべきだったのかなー。
期待はその卵みたいな奴と齧られている産卵木だな。

10月になったら更に発いてみよう。。。


続きを読む

スマトラ♀その後 

朝起きて心配だったのでそーっと覗いてみると、♀の姿がありません。

あれ?潜ったかな?と思ってケースを引っ張り出して良く見ると。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・また貼りついてる。




どーしたんだろう。貼りついたまま手足をちぢこませている。。。
♂を取り出したあと材を隠れるくらいにマットを追加投入したんだけど、それに何か問題が!?

取敢えず朝時間が無い中急遽別のケースに違うマットと違うゼリーとを入れてみた。
ゼリーの上に置くと舌(じゃないって)を伸ばして触角も出してきた。

30分位してから見ると姿が消えていた。

今度は潜ったか入れておいた樹皮の下に隠れている模様。。。


ダイジョウブカナT_T





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。