スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むむぅ 

・・・既に材割りに行かれた方が。。。

羨ましい。

まだ少し早いようですが。

夏は殆ど地元の狭い雑木林をあちこち行っていただけだった。
まあそれも楽しかったけど^^;

取り合えず河川敷に行ってみるか?
ヒラタ欲しい。

しかしやっぱり狙うはオオクワガタ。

まずは斧だな。

スポンサーサイト

やべっ 

・・・「飼育記等が楽しめページ」に入ってる!

こんなはずでわ(T-T)



・・・相互リンクありがとうございます!>OKUさん

すげえなあああ。 

051026.jpg
さっき仕事で車を運転中に前にいた車。

軽トラなのでたぶん赤帽だと思うんだけど、



  全面CD張り


自分で貼ったんだろうなあ。
丁寧に貼ってあんなあ。

しかもナンバープレートの上にカバーしてあって
これじゃ読めないじゃんよ。

これで仕事してんだよなあ。


いやああああどんな人だろう。

気になるなあああ。

はええ 

ディープインパクトですが。

はええね。

あの最後の脚はとても菊花賞3,000mのそれではありまへん。
と言うかなんだか馬の走りでは無い気もするほど。

その昔、サイレンススズカと言うもの凄い馬が居て。
でも秋の天皇賞で奇跡の様な大逃げを打っているさなか、脚の骨折って死んじゃって。

哀しくて哀しくて2日間、飯も喉を通らないくらい悲しんだ。

それ以来、まともに競馬は見ていないのだけど。

個人的にはそのサイレンススズカ以来の衝撃でした。

無事でいって欲しい。

入りきれん 

残されていたスマトラ②とパラワン②の産卵セットを発きました。
おそるおそる。。。

だってですよ。
両方とも①のセットでそこそこ採れてしまったので、既に温室の8割は1,000ccブロー容器で埋まっております。
これ以上は入りきれない恐れがっ。
だいたい①でこんなにとれると思わなかったスマトラ①!
こんなに産むと思わなかったパラワン②!(ケースの底に多量のタマゴを発見済み)



・・・・さて。






ざばっ。ごぞごそっ。ばきばきっ。ざざざ~・・・。











・・・・いっぱい採れた(T_T)


ヨロコブベキカカナシムベキカ。

どーしましょ。。。

今日の様子 

えー。容器換えをしてから5日経ちました。

なんとなく容器が暖かい気がするのですが・・・ーー;

熱くはないけど暖かい感じ。

実際、温室内は25.5℃~26.5℃くらいを行ったり来たりしてます。
ヒーターは多分作動していません。

まあ見える範囲では元気そうなのですが。

そうそう。完熟マットの方のいくつかにセンチュウ?のようなものが発生してます。
透明な長さ1~2mmの糸くずみたいなヤツ。
幼虫が容器の壁際でムシャムシャやってたんで、じーーーっと見てたら何かきらきらするものが・・・。
あれ?水分が滲み出てる?何?動いてる?うぎゃ~(T_T)


です。

あれ大丈夫なんかなー。
まあ自然界はもっと厳しいんだから、まいっか(おいおい)


です。



051015_1.jpg
本日の福島さんの幼虫ですよ(←自信あり)

10/15(日)オオクワ容器交換 

別にオオクワの容器交換だろうがやる事は一緒です。


2種類のマットをざらざら~っ、じゃじゃじゃ~、こねこねこね・・、ゴンゴングイグイ・・・14本・・・。

お腹いっぱい(T_T)

あれですね、浅いバットでは効率悪いですね。思いっきりかき混ぜられない。
もっと深いの買っておこう。(どこに仕舞っとくかは置いといて)


オオクワ幼虫たちも幸い死んでしまったのもいなくて、福島産①、②、スーパー山梨①、全13頭無事移し変え完了!

もちろん♂が何頭とか♀が何頭とか重さが何グラムとか
一切調べてません。

適当ですから。



  いい意味でっ。





・・・・詰め替えに手間取っている間にタウルスとクベラは奥さまがやってくれた模様。すまんね。




051015_2.jpg
スーパー山梨の幼虫・・・たぶん・・・(+_+)\バキッ!

10/15(日)スマトラ・パラワン容器交換 

今のところスマトラオオヒラタは2令なりたてぐらいのが8頭おりまして、一番大きかったのをたまたま有った500ccのブロー容器に入れ、残りはプリンカップで狭い思いをしておりまして。
パラワンオオヒラタは卵で3つプリンカップに入れておりました。

今日は全て1,000ccのブロー容器に移すぞオオクワ幼虫たちもやるぞまだケースでまとめ飼い状態のパラワン幼虫たちも割り出すぞ!パラワン産卵セットも割り出すぞ奈良オオのガラガラで押し付けられた当たったタウルスヒラタも産卵セット組むぞ親バカで買ってしまったクベラツヤクワガタもダニ駆除セットから入れ直すぞ


はぁはぁはぁはぁ・・・。

と、朝から気合が入っていたのです。

奈良オオの通販で買った1,000ccブロー容器35個のデッカイ箱を開けて、やおら覗くと箱の中に散らばったフタが。

やれやれ。確かにな、まあ俺だったらそうするよ。
イチイチ蓋なんかはめてられっか。

さう思ってひとつ取り上げてみると・・・・・。

 「あれ?このフタって、穴あいてねーじゃんよー(T_T)」

そうだったのか_| ̄|○

ドリルは家にあったけど、先っちょがないので仕方なくクルマで近所のドイトへ。
他にも色々物色して(こういう店好きなんす)1時間後帰宅。
飯食ってドリルでブインブイン蓋に穴を開けて準備完了。
やれやれ。

結局始まったのは昼からでした。。。

051015_3.jpg
全て市販のマットでやるのですが、2種類用意しました。
月夜野きのこ園きのこマットドルクス暖家完熟マット

特に理由はありませんが、両方とも使ってみたかったので^^;
きのこマット安いよね。

風呂場でバットにざらざら~っとぶちまけて、シャワーでじゃじゃ~っと加水して、、、こねこねこねこね・・・。
良さ気な感じになったら3回くらいに分けてゴンゴングリグリとドイトで200円で買ってきた丸太でツメツメ。。。

ちょーてきとー(笑)

8本やった時点でもうなんかお腹いっぱいな感じ^^;
ブリーダーと称する方々は菌糸で100本以上詰めてたりするのか!?

幸いスマトラ幼虫8頭とも生き残っていて、2種類のマットで4本づつつくりました^^

パラワンはと言うと2個だけ孵っていたので、マットだけ新しくして再度プリンカップ投入。
まだチビチビの初令でした。

はひー。

さて、これから本命のオオクワだわさ。


051015_4.jpg
スマトラ幼虫の写真・・・・だったと思う(+_+)\バキッ!

ネズミーランド 

20051016183306
朝から晩までニギヤカです。

メリーゴーランドを見ていると、何故か哀愁を感じてしまう。

今日は寒いな。


相互リンク3 

私が飼育しているオオクワは

佐賀産の♂と福島産の♀。

両方とも縁あってOKUさんから頂いたのですが、福島産はOKUさんの雑木林のある風景の8月5日の採集記に写真入りで出てくる片アゴの欠けた♀です。

正真正銘の福島産WILD♀

実はこの♀を採集されたときに同行されていた方が最近クワサイトを開設されました。
OKUさんから頂いた、と言うよりこの方から頂いたと言ったほうがもしかして正確なのかしら?


「Stag Stallion」doさん


です。

急速にハマってついにHP開設です!アツイです!
いきなり85mmオーバープロジェクトです!アツイです!
温室買って奥さまから呆れられているご様子。アツイです!


まさに今の私と同じです。



ラ、ライバルかっ!?(+_+)\バキッ!

個人的に大注目です。

これも何かの縁だと思います。
福島さん大事にしてますよ~^^/

これからも宜しくお願いいたします。



相互リンク 2 

つ、ついにかぶさんにまで相互リンクを張っていただきましたっ!

ありがとーございます!(感涙)


本当はそろそろカウンターが回り始めたので、
「すみません、勝手にリンク張ってました。」
ってゲロっただけなんですが、相互リンクまでして頂きました。
ありがたいことです。

OKUさんは許可済み(ですよね?)なので、これですっきりしました。
本来、ブログに専用リンクは必要ないと思っていますんで、あまり理由も無くリンクバシバシなのは好きではないのですが、これは素直に嬉しいです。

OKUさんといい、かぶちんさんといい、どうしてこんなに魅力的な採集記が書けるんでしょう。
複読してしまいます。


 「NEXT...クワガタ採集記」


必読です!

これからも宜しくお願いいたします。>かぶさん<ややご近所のよしみで(笑)



相互リンク 

私が温室を作るにあたって理想として参考にさせて頂いたサイトがありました。


  「魅惑のオオクワ部屋」 YASUさん


です!

※05.10.26追記 突然HPを閉鎖されたご様子です。短い間ですが相互リンクありがとうございました。お疲れさまでした。

自宅の環境にあった自作温室を作ろうとして、あちこちネットで検索して調べまくりましたがYASUさんの温室は、出来栄え、機能性、共に満たした理想的な自作温室でした。

私の方はここまで完成度は上がりませんでしたが、なんとか作れたのはYASUさんの最終形があったからだと思います。
ありがとうございました。>YASUさん

その上この地味な(うるさい)ブログにリンクまで張って頂きました!
感謝感激雨霰。

こちらからもリンクを張らせて頂きました。

このブログにも「自作 温室」の検索ワードで結構見に来ている方がいらっしゃるようです。
私がYASUさんのを参考に出来たように誰かの自作温室の手助けになれば嬉しいです。





オオクワの割出し 

あたふたとスマトラの割出しを済ませた後、いよいよオオクワの割出しをしました。

産卵セットは・・・

福島産①:
 OKUさんより頂いた個体で、今年8月に採集されたものです。
 採集後は未交配なので持ち腹に期待です。

 産卵セット開始 8/20
 ♀取出し 8/31


福島産②:
 上記①と同じ♀です。引き続き持ち腹で・・。

 産卵セット開始 8/31
 ♀取出し 9/11


スーパー山梨:
 世界クワガタムシカブトムシ博物館で今年の夏に分けも分からず
 カッコイイというだけで(まっとうな理由だ)購入したペアです。
 これは奥さまのなので私は殆ど手付かず。
 産卵セットにペアで入れっぱなしにしていました。
 産卵木が固かったせいか、まだ繁殖に入れない時期なのか
 産卵木を殆ど齧っていませんでした。
 一応成虫を取り出して暫く確保して置きました。

 ペア取出し 9/11



 つづく・・・・・・。



と、続きを先ほど書き上げてUPしたんですが、




消えやがりました。













          _| ̄|〇







結果だけ書いときます。。。

福島産①:
 4頭7頭

福島産②:
 7頭4頭

スーパー山梨:
 2頭

計13頭でした。

まあ世間的には少ないのでしょうけど私には丁度良い数です。
・・・養いきれませんから。

・・・スマトラとパラワンの割り出しがまだ控えてますんで。。。

あー。写真くらい撮れば良かった。
すっかりバタバタあたふたして夢中になってやり終えてしまいました。


↓取り合えずプリンカップでも(+_+)\バキッ!


大割り出し大会 

CA310043.jpg
無事に数匹割り出してました。やるじゃねえか6歳児。



連休最終日、本当は出かけることになっていたのですが生憎の雨で遠出はしませんでした。

夕方から時間が出来たので残っている産卵セット確保分を発いてみました。

・・・今頃割り出しかと言う意見は置いといて。


まずはスマトラセット①から。

まあ、殆ど期待してませんけどね。産卵セットからメスを取り出してコンテナにセットを移し替えてたのですが、その際マットに1個だけタマゴらしきものを発見していただけでした。
スマトラオオヒラタはヒラタよろしくマット産みだろうから産卵木にもないだろうし、まあまず居ないよな。。。
コンテナを開けて産卵木を取り出して置いておき、中のマットを傾けて様子を伺うと・・・


げげっ!いやがった!

CA310042.jpg
(慌てて転がっていたブロー容器にマットを詰めて撮影)

 でか~。

慣れている方には普通なんだろうと思いますが、いきなりゴロっと出てきてびびりました(笑)

マットにはこれしか居なかったので、まあこんなもんだろ、と思って産卵木を手でパッカリ割ってみたらこれまたボロボロと出てきまして、結局7匹も産卵木の中に!
・・・おまえらいったい?スマトラってこんなに産卵木に産むの??
マットはドルクス暖家オオクワ用に購入した完熟マット。
ああ、もっと買っておけば良かった。

その後残り少ないマットの心配をしつつオオクワたちの産卵セットを発いてみました。。。


つづきは上の記事に。


自作温室 6.まとめ 

まあ、まとめと言うほどの事はないのですが。。。

私はあまり器用ではありませんがなんとかなりました。
自信のある方は是非とも設計図を作ることをオススメします(普通か?)材料を買うときに勿論使う分を考えて買いますが、やはり足らなくなるのが怖くて少し多めに買ってしまい、勿体無いことになってしまいます。
スタイロフォームが一番勿体無かったです。

それからいちばん底になる部分ですが、ここだけはスタイロフォームなどだけで済ませないでもっと強度のある板を使った方が良いかもしれません。私の場合特に下に物置スペースを空けた為、この底板の強度がちょっと不足気味な気がしています。
底板がしっかりしていないと微妙に歪んでしまい、数ミリのズレが出てしまい、現物合わせでしか対応出来なくなりました。
・・・もっとも設計をきちんとしていれば問題なかったかもしれませんが。。。


出来上がって温度調整をしていますが、外気温24℃前後で温室内を27℃に設定したいのですが、25.5℃~29.0℃の間をいったりきたりしています。
25.5℃くらいまで下がるとヒーターが点いて一気に熱くなり29℃までぐいぐい上がってしまうようです。
しつこく微調整をやって、さっきちらりと確認したら25.5℃~27.0℃で比較的安定していました。
この感じならいいなあ。。。

4分割した蓋は結構いい感じです。保温性も問題なさそうです。

自作温室 5.内部装置~完成 

内部装置なんて大げさなものはないですがね。

1.ヒーター
2.サーモスタット
3.ファン×2
4.温度計

なくらいです。
051009_1110~0001.jpg
ヒーターは前にも書きましたけど、ジャンク屋さんで買った980円の200Wの縦型?です。海野製作所とか書いてありますがググっても出てきませんのでマイナーなのでしょうか。。。
ヒーターの上段に直接熱気が伝わってしまい上の段に乗せたものが煮えてしまうので、上の段の下側にスタイロフォームで遮蔽板をつけました。
勿論前後左右は空いてます。

051009_1230~0001.jpg
ファンはこれ。マルチファン。
ネットオークションで1個1600円でした。


051009_1236~0001.jpg

051009_1237~0001.jpg
これをヒーターのある右下から上向きにひとつ、一番上の段の左上から下向きにひとつ、着けました。
ヒモで吊り下げ式にしてあります。この方がビビリ音や微振動が起きなくて良いようです。

左回りの空気の流れを作って温度を均一にしようと言う考えです。
このファンは熱帯魚水槽の水面に風をあてて、夏場の温度を下げる為のファンです。ですから長時間の稼動にも耐えられる・・・筈です・・・。(よね?)

ちょっと写真とってませんが、上から2段目の上部背面に穴を開けて、サーモスタットのセンサーを入れました。
温度計の外部センサーもその近くに取り付けて・・・


 完成です!!

いやーやっと終わった。終わった。

なんか既につくる事が目的のようになっていて楽しめました。ええ。
さー入れるものの方をヤラナクチャ。


自作温室 4.ガワ完成 

さあ、だいぶ気温も下がってまいりました。

我が家はマンションの3階なので、窓を開けていなければ夜中でも室温は23度を下回りません。
しかし急がねば。

051007_1438~0001.jpg
内部に・・・なんて言うの?銀色のマットを貼りました。
1m幅でメーター330円。良くあるテントマットなんかよりもずっと薄手のものです。3m用意してなるべく切れ目無く貼り込みました。。。ってメタルシェルフとスタイロフォームの間に入れるのに難儀しましたわT_T
普通先に囲っておくわな。

051007_2340~0001.jpg
そう、それから両面テープですが、やっぱり接着力に関してはいまひとつみたいです。すみません。
それなりに強力タイプを使っていましたが、テンションが掛かっているところでは時間が経つと剥がれてきてしまいます。。。
私の温室は前面の蓋を上下左右に密着させます。
そのわずかな圧力でもずっとかけていると剥がれてしまうのです。。。速乾性の万能タイプの接着剤を使いましたが硬化には30分ほど掛かるので、なんらかの固定を考えなければなりません。それが面倒で両面テープにしたんですけどねえ。。。

051007_1550~0001.jpg
角は全て補強も兼ねてガムテ貼り。スタイロフォームは表面がザラザラしているので蓋の開け閉めの時にザリザリ擦れて粉が落ちるのでその面にもガムテ貼り。

051007_1439~0001.jpg
蓋は各段ハメコミ式で、隙間テープを使いました。
この隙間テープのクッション性を利用して蓋の取り外しが出来るように、と考えました。

051007_1444~0001.jpg
蓋、4枚を全て嵌めてみたところです。
蓋と蓋の間には特に何もありません。上か下の隙間テープのみです。
左右にテンションが掛かっているので、下や間の蓋だけを外しても上側の蓋は落ちません。

051007_1549~0001.jpg
内側の銀マットとスタイロフォームだけでもけっこう保温性はありそうですが、更なる保温力と外側の保護も考えてBダンボール板で囲みました。これは必要分(+予備)を購入しても1,000円くらいなのでコストが抑えられます。ダンボールですから保温性もそこそこあるし、軽いので私のいい加減設計でも耐えられそうです^^;
スタイロフォームとダンボールは直接接着はしていません。

051007_1633~0001.jpg
蓋にも貼りました。

051007_1633~0002.jpg
斜め前から・・・・

う~ん。イイ感じだ~!ガワはこれで完成です!
まだヒーター、サーモスタット等のコードを出したりする穴も考えなければいけませんが、取り合えず完成です!

タマゴ発見 


さっき仕事から帰って来てスマトラオオヒラタの産卵セット(2nd)をこっそり覗いてみました。

コバエが大量発生していたのですが、ケースを横から覗いて見たら不思議と一匹もいませんでした

あれ~??と思いながらケースを持ち上げてぐるりぐるりと見回して、ふとケースの底を見ると

・・・・・・・・・・・・・・・

目視出来ただけでも5個のタマゴを発見しますた^^

やった~ばんざ~い。
このスマトラ♀はペアで買った♂とのカップリングも良い感じで、仲良く同居できていたので、ちょっと期待もしてました。


それから同じくペアで購入して、中ケースに仕切りで分けて別居させていたパラワンオオヒラタですが、♀の方には一応産卵木も入れたりマットもそれなりに入れたりしまして、「産めるモンなら産みやがれセット」をしていたのですが、そちらも底を見たらタマゴが1個 ポッツーンと。

おお。やった。産んでる産んでる~。

ちょっと嬉しかったです。

ちゃんと幼虫になるかなあ。。。。

焦って温室作りを少ししたのでした(笑)

株式会社 

20051004141509

お~。

ちゃんと株式会社になっている。

こういうの切り替え作業って大変なんだろうなぁ。

看板とかパンフレットとかも切り替わってるのかね。


掃除デー 

きょーは、奥さまが休日出勤だったので、朝から家中をお掃除。

すっかり綺麗にしてクワガタ置場の床も除菌クリーナーで拭きあげてすっきり。

しかし、私にはやらねばならない事がある。



 朽木バエの駆除



やらねばならないケースは産卵木確保中のコンテナまで
含めると8ケースもまだ残ってるです -ー♯

取りえず一番酷い「ニジイロもしかしたらこれで産んでくれたらラッキー産卵セット」を発く。
コバエ侵入飛散防止シートを挟んであるケースを横から覗くといるわいるわ。

あまりの朽木バエの量に屋内で開けるのはおろか、ガーデニングされているマンションのベランダでガバっと開けるのも憚られるくらいです。。。
仕方なく掃除機を持ち出してキンチョール傍らにこっそり開放。
飛び回っているのは簡単にガーーーーーーーッと吸引。
マット表面にへばりついている奴らもマットの粒子ごと強引に吸い込み、あらかた吸い込んだ所でキンチョールもガーーーーーーーッと吸引。


   よ し。(掃除機はちゃんと洗いました)


まあ、殆ど期待してなかったニジイロ産卵セットはやはり惨敗
まあいいのだ。
温室がある(予定だ)からまたセットしなおしてやるわい。
今日はそんな事に構っていられませんから。ええ。

続いてアカアシケースを同じ様にして解体。

これは産卵木を止まり木代わりにしていたので、それを残してそっくり廃棄。
産卵木は産卵痕らしきものが無数についていたので、一応慎重に発いていくと、1卵を発見。。。
その他にもきっと卵があったであろう痕跡がいくつか。。。
・・・溶けてなくなったみたいです・・・v_v;
孵りそうもないけど一応プリンカップでマット詰めに。

続いてコクワハウス(推定14匹入り大ケース)も解体。

こっちも産卵木兼止まり木を入れていたので発いてみると、1初令と5卵くらいを発見。
これまたプリンカップでまとめてマット詰めにしました。

ふはー。疲れた。

・・・書いてみるとたいした事なさそうですが、ケースを洗ったり、足場に使いまわしたい樹皮を熱湯消毒したり、新しいマットを作ってみたり、遊びに行きたがる子供をなだめすかしたり、サンダーバードのDVDをかけてみたり、手伝いたいと言うからマットに加水させたらひっくり返えされたり、挙句の果てにコクワ♂1を熱湯消毒してしまったり(すまん)、と、何かと大変なのです。(いやほんとに)

くたくたです。

でもオオクワ×3、スマトラ×1、コクワ×1の産卵セット確保コンテナをとっとと発かないと。。。
それに温室も稼動出来るようにしないと。。。



はああああああ。



デモタノシミ。

まだいた^^ 


・・・採集記なんてもんじゃないんだけど。。。

今日は久しぶりにM市の乗馬クラブで馬に乗った。
んで、直ぐの裏山の雑木林をちょこっと覗いてみた。

クリ、コナラ、クヌギ・・・テキトウに樹木の間が開いていて明るい良い感じの雑木林で、伐採された木が数箇所に整理されて詰まれていたりする。
コクワやカブトあたりにはうってつけの場所に思えるんだけど、いかんせん樹液を出している樹が1、2本しかない。

しかしその内の1本は高さ170cmあたりの所から樹液を出していて、捲れも素晴らしい。
私有地だけあって荒らされていないし。

8月の昼間にそこで大き目のコクワ♂×2・同♀・スジ♂・カブト♀なぞが見られた。

今日、久しぶりに覗いてみたら、45mm弱くらいのコクワ♂と35mmくらいのスジ♂が狭い捲れに、それに大きな捲れの奥の方にも正体不明のクワガタの脚が。

おお~まだいるなあ(^^)
夜は寒いだろうに。。。

微かに樹液もまだ出ているようで、数匹の蛾が必死に張り付いていました。


やっぱり自然の中で見るクワガタはケースの中より数百倍の魅力がある。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。