スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オウゴンオニのビン交換 

そんでもってローゼンベルグオウゴンオニクワガタ(ジャワ)の幼虫のビンを交換しました。
前回は5月末に大夢Kのブロックを1,000ccビン(ブロー)に詰めたものに入れておりました。
まだ2ヶ月経っておりませんが、結構食い進んでいる感じでしたので交換して見ました。
今回も菌種は大夢Kで容器を1400ccビン(ブロー)にしてみました。

060723_1.jpg
1頭目の交換の時の画像なのですが、カワラタケ硬~い!

これって掘り出すのって不可能じゃないんですか??ってぐらいカチカチ。と言うかゴムみたいですよ!?

これは無理したら幼虫がまずい事になりそうだったので、いっそブロー容器と言う点を活かして容器自体に切れ目をいれぎゅーーーっと引きちぎってみました。

それが上の写真。

これはナイスぅ!

ラクに移動できました。

そんな感じで2頭目
060723_2.jpg


3頭目
060723_3.jpg


そして4頭目
060723_4.jpg

こいつは見事に下から上に螺旋状に外周を食い進んでおりました。

まあとりあえず全て良く育っていてホッとしました。
次のビンでも落ち着いて育つと良いなあ。。。

ラックを使った自作温室は他の幼虫の数も減って余裕が出来たので、1段を仕切り、保冷材を突っ込んでオウゴン用の簡易保冷室にしてみました。
しかし保冷材の持ちが悪くて保冷材を入れた直後は20℃くらいまで即効で落ちるのですが、3時間くらいすると徐々に温度が上がり始めて6時間も持ちません。
それなりに断熱は出来ているはずなのですが。。。

ちょっと考えねば。。。

スポンサーサイト

残されたオオクワ幼虫を 

今日は幼虫たちの世話をば。

オオクワでまだ羽化してこない(と言うか中の様子が分からなくて手の出しようが無かった)ビンをどうしようかと思っていたのですが、スーパー山梨の幼虫がまだ幼虫しているのが確認できたので、残されたビン(山梨×2、福島×4)を発いてみました。

山梨の1頭はどうしても潜ってくれなかったヤツなのですが再度マット交換して、今度は大穴を開けて突っ込んでみました。。。
もう1頭の山梨は普通に幼虫してました。
すでに前回マット交換してから4ヶ月経っていて、劣化(=食うとこなし)しまくっていたので小さいままでした。。。

福島のうち1頭は死亡しておりました。
蛹室をつくった様子があるのですがその後がイカンかったようです。

残りの福島のうち、おそらく羽化しているであろうやつは、やはりとっくに羽化していました。
ドルクス暖家の完熟発酵マットで育てていたのですが、ノギスで測ると何と
71mm!
少々縮むでしょうが、マットにしてはなかなかのサイズ・・・ですよね。
但し蛹室の一部がビン底に接していたため、恐れていたように少しだけ羽化が綺麗にいっていませんでした。外羽が伸びきっていないのかなんなのか、腹が左右と先っぽに少しづつはみ出しています(T_T)
本当ならビンを逆さまにするとこなんですが、なぜが斜めにしかも螺旋状に長ーーく蛹室が出来ていたのでひっくり返すと蛹がエライ形になってしまいそうだったのでひっくり返せなかったのです。
思い切ってあけて人工蛹室にすべきだったかなあ。。。

大歯も立派で綺麗な個体なんですが。。。
写真撮り忘れたので後日UPします。

残りの2頭のうち、1頭は他のと比べて格段に大きかったのでちょっと期待です。
・・・ただ蛹室作りかけてたので気になりますが。。。


しくしく・・ 

土曜日は所用で朝から伊那市の方へ行くはずでした。

用事、と言っても両親を送迎するだけなので昼間の空いた時間で樹液するつもりだったのですが、危険なので流石に送迎そのものがなくなりました。

ちぇ。

明日はまた飼育だな。

オウゴンオニのビン交換でもしようか。。。

ちぇ。



いやはや 

相変わらず仕事が忙しくてシクシクでございます。

それはさて置き。

この所の大雨は恐ろしいものがありますね。

この前の土曜日には私の家のあたりでも前線の通過とともに一気に暴風雨になりまして、スターマインの様にカミナリは落ちるわ、雹は降るわ、停電だわで大騒ぎでした。

部屋の中から外を見て子供とふたりでキャアキャア喜んでたら、近くに落ちたのか自宅マンションそのものに落ちたのかで、ふと気がついたら


モデムが逝ってました(T-T)


ウンともスンとも言わなくなっていたのですが、運良く光回線化する宅内工事の前々日だったので、今こうしてインターネットが出来ています。

ついに我が家も光化しました。


・・・・体感的にはそんなに変わんないんですけどね。

スピードテストで16~20Mbbsくらい出てます。

まあそんなとこ。


実は今度の土曜日に長野県某所(中央道寄り)に朝から行く用事があったので、
ジュエッキ!(樹液)
と思っていたのですが、この大雨でそんな場合ではなくなってきました。


とほほ。

オウゴンオニ幼虫の現在 

暑い。ですね。

昨日も今日も異常な湿度に暑さ。
部屋のクワガタたちも心配です。

そんな中。

まうんてんさんから無理矢理いただいたローゼンベルグオウゴンオニクワガタ(ジャワ)の幼虫4頭はスクスク育っているようです。

なんせ衣装ケースに自作温室の余りもの(まだあった)のスタイロフォームを仕込んで、保冷材をかました簡易保冷箱作って手間ひま掛けてますから。

060713_1.jpg


我が家は日中は誰も居なくなるので室温がかなり上がってしまいます。
マンションの3階だからって窓を開け放っておくと、この時期は夕立で部屋に雨が吹き込んでしまうのが心配で細くしか開けておけません。

そんな日中の我が家で一番涼しかろうと思われる風呂場にその簡易保冷箱入りのオウゴン幼虫たちを置いています。

で、帰って来たらその時の状況に応じて保冷材を換えたりしつつ風通しの良い窓際に置きなおします。
・・・私の帰りが遅い時は奥さまが。。。

そして朝起きるとまた風呂場に戻して保冷材いれて。。。。。
何とか27度以下をキープしておりますが


  大変です。


まあでもムシャムシャ食べて育っていく幼虫を見るのも楽しみなので苦にはなりませんが、これから本格的な猛暑が来た時とか泊りがけで出掛ける時とかの事を考えなければなあ。。。

しかもボチボチ菌糸ビンの交換時期のように思われます。

060713_2.jpg


オウゴンオニの幼虫はオオクワなんかと違って周りにかなり広い空間を作りながら食い進むのですね。
いかにも“食べてる”って感じがします(笑)



都下灯下 

060707_02.jpg

今日は7月7日金曜日。

笹の葉さらさら軒端に揺れる日ではありますが、ムシ暑さに居ても立ってもいられず、都下の方に灯下採集に行って参りました。

060707_01.jpg


・・・私の住んでいる所自体が都下なんですがっ。

去年は家族連れで良く周った某有名な湖周辺にまっすぐ行くつもりだったのですが、その前に少し遠回りをしてA市を少し見て周りました。

060707_03.jpg
(これは行く途中の橋ですが)

あまり土地勘が無く、しかも夜だったので無謀だとは思いつつ行ってみましたがやはり何も採れません。
それっぽい街灯はいくつかありましたが、周辺がどういう環境なのか暗くてさっぱり分からず。。。
やはりお気軽灯下でも明るい内の下見は大切ですねぇ。

結局いつもの場所に来ていつもの様に周っています(^^;


時刻24:00、気温25度、曇り、無風、さほど蒸さず。で。
まず最初の橋に
060707_04.jpg
コクワ頭~

・・・幸先いいぜ(x_x)\バキッ!

ライト片手にぷらぷら歩き、道の反対側に移って引き返しながらぷらぷら歩き。。。






  何も居ねえ。




私の大嫌いな蛾はいっぱい飛んでいますが、クワガタの気配が感じられません。気温そこそこあるのになあ。。。

ここで一気に夜間は車ではそれ以上行けない所まで行き、そこで車を停めて周辺を捜索。
この辺りの照明はオレンジ色なのですが、意外と飛んでくる事が多い気がします。去年もこの場所のとある施設(笑)で多く拾いました。


特にこれ。

060707_05.jpg
おまいだ!


060707_06.jpg
ミヤマ♀~。

去年採った極小ミヤマ♂もここでした。

適当な樹に貼り付けて再び散策。


・・・しかし・・・


クワ、居ない。



つーか、夜コワイ(T_T)

夜の森ってどうしてこんなに色んな音がしてくるんですかねぇぇぇ。
突然背後の真っ暗な森から「バキリ。」とか音がしたりして、びっくうぅぅぅぅぅ~としてしまいます。
突然周りが気になって、見えない暗闇の向こうから人のような人でないものが近付いて来そうな気がしてしかたありません。

妙な気配が気になってそうそうにその場所を立ち去り、次の橋へ。

この橋は良く夜釣りをしている人が居ます。
高い橋の上から水面にリールで長ーーーーーーく垂らして釣っています。ナニツッテンダロ?

その方達の邪魔にならないようにコソコソと見て周ると何やらジタバタする黒いものが。



060707_07.jpg
コクワ♀~。


はあ。


ちょこちょこ移動しながらポイントを見て周りますがパッとしません。

おまけに歩いてたらすぐ先の路上で突然「ジジジジジジジジジジッ!」という音が!


「うわあああああああ!」(←マジ叫んでしまいました)


060707_08.jpg
セミ・・・。去年に引き続きまた驚かされました。。。


その後、国境近くを探すも見つからず。

最後の最後で
060707_09.jpg


060707_10.jpg

アカアシ♀~。


しばらく戯れた後、手近な樹に貼り付けてさようなら~。060707_11.jpg



結局ミヤマ♀×1、コクワ♀×1、アカアシ♀×1。と言う

灯下♀3点セット

の様な見事な結果に。


でもまあ満足です。こういう採集だって「勘」を磨くには大切なり。

梅雨明け前のこの辺りはもう少し早めの時間が良いかもな。



初めてのオオクワ羽化 

060705.jpg


我が家で初めてのオオクワが羽化してきました。

第一号は♀でしたが、この前羽化していた♂を取り出しました。

OKU氏とdo氏が福島で採集した♀の持ち腹から産まれました。

我が家の飼育は全てマットなので(オウゴン4頭は除く)サイズは65mmと小さいですが、綺麗な個体で満足です(^-^)
あと4頭ほど羽化しているのですがまだお尻が収まりきっていないので飼育ビンの中です。
しかしすべて♀なんだよな。。。

あと10頭ほどいるのですが、ビンの外側から全く見えないので困っています。
既に蛹化していたら困るけど、もしまだバリバリの幼虫だったらとっくにマットの交換時期は過ぎているし。。。

どうしたもんか。


この福島産以外にもスーパー山梨の幼虫が2頭だけいるのですが、1頭は長いことマットの上で生活しています。
マットを変えても水分量を変えても何をしても潜らないので放っておいているのですが、マットの上にだいぶ糞が目立ってきました。
・・・マットの表面を食べているのかしら?

ここが! 

この前の水曜、木曜と出張で札幌に行っていました。



夜。



同行していた現地のお客さんに連れられてフラフラ歩いていると、見覚えのあるところに来ました。


 「あ゛っ!これがススキノ交番ですかっ!警視庁24時ですよね!?
    
    すげー!すげー!」

と、盛り上がってしまいました。



でも感動でしょ?

しねーか(笑)



今回の北海道で一番記憶に残った観光名所です。(おいおい)



060703.jpg

やっと世話 




今日は午前中からひたすらクワガタの世話をしました。

羽化してから100均のテキトウなケースに1頭づつ入れていたパラワンやスマトラ、タウルスなんかをコバシャ(小)に仕切りをつけてまとめたり、いい加減腐れてきたマットを変えたりと。。。

片付けまで入れると結構な時間が掛かります(T-T)ジゴウジトク?

最近はまうんてんさんに教えてもらったハムスター用の床材を使ってます。
早い話がオガ。ですね。

モノによってはホームセンターでかなり安く大量に買うことが出来てなかなかグッドです。
コバシャにこれの組み合わせならコバエはまず沸かないし、乾き易い床材ですがコバシャとならそれも押さえられるし。

以前はマットじゃないとなんだか不自然な気がしてマットを使い続けていたのですが、これはこれでクワガタの姿が良く見えて楽しいです。

しかし、多すぎるな。。。


夏季初採集(S県S市) 

皆さま。

暫くぶりでございました。

前回クワガタノキを更新してから暫く経ってしまいました。

ネタが無かったわけではありません。
飼育ネタやら日々のネタには事欠きませんでしたが、いまや夏季採集シーズン。
初採集ネタであちこちのサイトが盛り上がっているのに自分のところが飼育ネタや雑ネタでいいのか?

そう思って夏季シーズン初採集に行くまでは更新を停めていたのでありました。


行ってきたのはS県S市あたり。
狙いはオオクワですが、正直言って実績の少ない場所。
しかも行き当たりばったりで探しましょうと言う灯下採集。

・・・どうなることやら。

でも嬉しい。
一応オオクワ狙いで採集に行く。ただそれだけで嬉しいのです。ええ。
土曜日の夕方から行きましょう!と、まうんてんさんと予定を組んでいました。


ところが金曜日の夜19:30頃、仕事帰りの電車の中でメールが・・・・・・・・。


(メール)「ちわ。まうんてんですが。土曜日の夜の灯下採集なんすけど、Katuさんの行いが悪いから雨みたいですね。どーしてくれるんですか?」

「す、すみません~!どうしましょう・・・T_T」

「どうもこうもないですね。今から行くから準備してオモテで正座して待っててください。」

「えっ。。。今、帰りの電車の中で池袋あたりなんすけどっ。」

「・・・そのままS駅まで直行してください。」

「えええ。((T_T))」


そんなやり取りがあったのですが、22:00くらいに出発すると言う事になりまして自宅の前で正座して待っていました。



060701_a.jpg
・・・遅いなあ。どうしたんだろう。。。

あ”!きたきた。

060701_b.jpg
まうんてん号到着~。


「ふは~。っつつつ~・・・」

「どーしたんすか?」

「いや、盲腸なんですよ。でも初期だからだいじょうぶです。」

「・・・・・・・・。」



・・・言っときますが実話です。



そんなこんなで鬼採集家まうんてんさんの運転で一路S県S市へ。

出だしが遅かったのでポイントに着いた頃には24:00を回っていました。

東京では2、3日暑い日が続き、この日の19:00頃は非常に蒸し暑くて絶好の灯下日和と思って来たのですが、少し風も出てきて現地では時折雨もぱらついていました。
数少ない水銀灯の周りにもあまり虫類は飛んでいません。

まだ早いのか?今日の条件が悪いのか?
そんな話をしながらぽつりぽつりと歩いていきますが

060701_2.jpg
こんなのや。

060701_3.jpg
こんなのが落ちているくらいです。

それでも自販機の下、街灯のポールの隙間、草むらの中、側溝の中など隈なく探しますがクワガタのかけらも見つかりません。
時間も遅いのか。。。

良く思うのですが、例えば山とか森から飛んできて街灯周辺に落ちたカブトムシやクワガタはその後どうするのでしょうか?
落下直後はそのままジッとしていたり光に飛んできたくせに暗がりに隠れたりしているようですが、そのあとはまた暫くすると飛んで帰るんでしょうか?
それとも何日かその近くに滞在するのでしょうか?

疑問です(・_・?

060701_1.jpg
痛みを堪えながら探索する鬼採集家


それでも路上で轢かれたカブ♀を見つけて少しだけほっとするふたり。


・・・今日はどうなることやら。。。


国道のとある水銀灯を離れ、坂道をあがり新興住宅地の周辺の灯下を探しますがクワガタの気配が感じられません。

こりゃー駄目ですねえ。移動しましょうか。。。

なんて言いながらトボトボ戻りながら元来た所を歩いていると、左右に振りながら照らしていたLEDライトの先に黒い立体感のある影が一瞬映りました。


 ・・・あれなんだ?・・・・あれは??



 (ウガッ!!)


歩道と車道の境にあるブロックの上にまるで誰かが置いておいた様に鎮座ましましている一匹のクワガタが!


「ィターーーーーーーーーーーーー!」

野外で照らし出された個体は異常に大きく見えました。
あまりの唐突さに驚きつつ半ば不審な感も抱きながら近づいて見ると、太い大アゴが!

え?なんだ?あれ?ヒラタの♂だ!しかもデカい!

LEDライトで照らされようがじっとして動かない。
でも逸る気持ちでそそくさと手を伸ばそうとすると横から「Katuさん、写真撮ったら?」と、冷静なまうんてん氏のお言葉が。

そうだった。危うくネタを捨てるところだった。

060701_4.jpg
慌てふためいてピンボケなところが経験値の少なさを物語る。


灯下でヒラタ。しかもデカイ!

オオクワではないが、珍しい!と喜びながら意気揚々と次々と灯下を回りました。

その後は時間も遅いせいか、条件が悪いのか、そもそもポイントではないのか、ほとんどクワガタの姿は拝めませんでした。


060701_5.jpg
まうんてんさん発見。


いい加減時間も時間なので本日はここまで。

結果は唐突なヒラタ♂×1、カブ♂×1、カブ♀×3(内2は礫死)でした。
今回のポイントをどう解釈すべきか議論をしながら家路についたのでありました。

運転ありがとうございました。>まうんてんさん



060701_6.jpg
S県S市産ヒラタ♂52mm


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。