スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルイジンノコ掘り出し 

先日・・・

何気に温室を覗いていたら、外した温室の蓋に何か付いてる!?

うがっ!ゴキッ!?(小さくて茶色いのね)とか思ったら容器の中で羽化していたブルイジンノコギリの♀でした。

あ~良かった~。ゴキ(奥さまの天敵)なんか出たら飼育全面禁止だよ~。。。








って良くない!!ほーちゅーだよっ!

何でお前こんなトコに張り付いてんの??


慌てて6個あったブルイジンノコの容器を確認すると、その内2個に5mmくらいの空気穴を開けた蓋と容器の間に挟んでいたタイベストシートに穴が開いています。
どうやら羽化した個体が食い破った模様(-_-)

うげ~。この前羽化したばかりだと思っていたのに・・。
地表に出てくるのが早すぎ。。。

結局1頭行方不明です。

大反省。


他の容器の個体も蛹室の中で羽化してたので、今日掘り出すことにしました。


ブルイジンノコギリってちょうどコクワくらいのサイズで、上翅が綺麗でちょっとお気に入りです。
6頭中、2♂3♀(1頭行方不明)でした。
♂は大アゴも良く中々立派な感じです。
♀はホントにちっこいですが、色模様は♀の方が綺麗かも。

デカイのってどのくらいなんだろうと思ってビークワの17冬号のビークワギネスを読んでみたのですが載っていませんでした。

・・・申請すればギネス?(笑)

そんなにマイナーなのか??

070218_1.jpg
♂ 上翅が透けているようにも見えますね。まだこれから色が変わってくるかな?
ちょこまかと結構動きます。


070218_2.jpg
♂裏 


070218_3.jpg
♀ こちらの方が模様としては綺麗です。
スポンサーサイト

春? 

2005年の夏に取れた福島産オオクワF1幼虫で、未だに蛹化しないのが2頭おりました。

温室でずっと暖めていたのにちっとも蛹化する様子がなかったので、いわゆる「セミ化」なのかとちょっと諦めモードだったんですが、先日ついに蛹化しました。
特に工夫もしなかったんですが、まさか温室内にいても春を感じられたのでしょうか。

このワイルド福島♀の持ち腹から産まれた♂で、マット飼育でも71mmというのが出ているので、この幼虫も大きくなっていてちょっと楽しみにしていましたが、もう大きさは無理かなあ。

ま、無事に出てきてくれれば良しです!

他にもニジイロ幼虫たちも全て前蛹。
ブルイジンノコギリたちもほぼ全て羽化。

また飼育大変だなあ(T_T)

誰か欲しい人!

しつこく単独採集 

(初めにお断りしておきます。作者は超寝みぃです。文章適当です。すみません。。。。)


さて。


やっとオオ狙いの材割り採集に行く事が出来ました。
今回も山梨県某所。

それまでの平日は仕事が死ぬほど忙しく、寝不足だったんでちょっと遅めの朝7:00に出発。

それでも起きられっかなー。と心配していたんですが、夜はワクワクして眠れないほど。

あほですなあ。

そそくさと前日に用意していた荷物を持って出発。
いつもは実家のオートマ車を借りていくんですが、珍しく使うと言うので今日は自分のクルマで出発。

070203_01.jpg

結構さみーい。

前日の晩、眠い目を擦りつつ突入場所を考えていたんですが、やはり前回周って周り残した所に行ってみる事に。


070203_03.jpg

いい天気っすなあ。
突入場所の近くにクルマを停めて林道(農道?)をテケテケ歩いて行きます。
相変わらず目に付く所の立ち枯れは散々に削られてますねえ。。。こんな材でもシーズンには♀が卵を産み付けたりするんでしょうかねえ。
でもこんな道端の材はちょっと削る気になりません。

前回突入した場所には目もくれず、周れなかったその先を目指していきます。
そこはネットの航空写真で見るとそれなりに樹が密生していて可能性の有りそうな所です。

しかし一番目指していた所の手前には意外と人家があり、農作業している方たちが一杯
(T_T)コレデハハイレマセン。。。
仕方がないので少し戻って行きに目星をつけておいた所①に突入!

しかしここはイマヒトツ。。。細めの材はありますがどうにも。。。
試しに良さ気なのを1,2本叩いてみますが、まったく気配なし(T_T)

最近、冬場の採集場に入って考えるのは、「夏はここはどういう感じなのだろう?」という事なんですが。。冬場の採集場はどうしても材ばかり探してしまい、気がつくと周辺は細い木々ばかりのムシっ気の無い中で材を削っていたりします。
どんなに材が良くたって、周りにオオクワが居なければ・・・。
そう思うのですが、どうなんでしょう。。。

早々に①の場所は引き上げて、急斜面の②の場所へ。

上から眺めながらゆっくり林道を下っていくと、


   

なにやら大きい倒木がいくつか転がっています!


070203_09.jpg

ば~ん!(みかけは)

CA340014.jpg



うーむ。。。ちょっと新しそうだなあ。と思いながらじっくり材の確認。
産卵痕はないか?削り後とかないのか?・・・。

070203_10.jpg

これはっ!?

とにかくそのなにかに削られた様な跡を中心に削り込んでいきます。
しかしそこは急斜面。
足場も柔らかくてなかなk踏ん張りがききません。
何度も体勢を変えながら足を滑らせながら削り込みますが、クワらしき食痕は皆無・・・。
なが~い倒木の3ヶ所を削りこんで見込み無しと判断して次の材へ。


070203_08.jpg

こちらは根元から折れ、倒れかけて傾いたまま山桜?に寄りかかって枯れています。

こちらも足場が悪いので思うように削れません。
それでも材の真ん中あたりを削り込みますが、やっぱりなんだか見込みなし。コクワの食痕すら出てきません。

もっと上の方が気になるのですが、とても手が届きません。

・・・・えーと・・・この・・削りこんだあたりで・・・折れると・・・倒れる(倒せる)・・かな・・・・・?(^_^;;;

うりゃ!


メキメキ~!

ほ~う。

上手く行った(汗)
まあそもそも山桜に寄りかかっていたので山桜1本助けたという事で・・・(だめ?)

折角倒したのですが、こちら側もぜーんぜんだめぽ。

ちくそう。いねえなあ。。。そっかあ、この斜面は結構北向きかな!?
何となく夏場もオオクワが居そうな気配はしません。。。

そこの周辺も見て周りましたが、どうにも・・・。

続いて今のポイントと程近い第③のポイントへ。


・・・ポイントって突入ポイントって事ですがね。


そこにはこんなのがっ!


070203_05.jpg

ば~ん!!!

どうじゃ~!という堂々っぷり。
しかも今年は手付かずか?という感じであまり荒れておりません。
しかししつこく観察しても産卵痕らしきものは見つからず。。。試しに叩いてみましたが、今ひとつでした。。。

はああああああああああああ。でねえね。

結局行き場に困り以前見つけた通称Katu材へ。

070203_07.jpg

この材はどうにも。。。どうなんでしょ?入りますかね。。。
中はご覧の通り空洞です。。。

その後東方面にクルマで移動しながら次回のポイント探しながら帰還。


あーあ。やっぱり今日もボウズでした(T_T)

でも周る度に経験地があがっている実感はあるですよ。


次...がんばんべえ(笑)



追記:

そういえばKatu材まで林の中を歩いていて変わったものを見つけました。細い立ち枯れ材に写真の様な穴が開けられていたのです。
腰くらいの高さだったんですが、どうやらキツツキらしいとの事。
こんな所でも突付いたりするんですね。。。
070203_04.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。