スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

啓蟄 

休みの日に出来なかった成虫の世話をしました。
・・・なんだかんだと時間が掛かりますね。


「オオクワガタ」
我が家には現在・・・
 ・OKUさんから頂いた佐賀産♂
 ・昆虫博物館で奥さまが購入した山梨産(スーパー山梨)ペア
 ・某氏から頂いた福島県某村採集♀ワイルド
 ・同じく某氏から頂いたK市採集個体のF1♀
の、5頭が越冬中です。さっき定例の霧吹きをしました。
みんな元気だと思います。越冬中だから見てないけど。
もう少し暖かくなったらスーパー山梨のペアリングと頂いた福島ワイルドの持ち腹産卵セットを組んでみたい。

「ニジイロクワガタ」
我が家には昨年夏に買った成虫のペアがいるのですが、まだ成熟していなかったのか採卵に失敗しました。
幸いまだまだ元気なペアなのでまる2週間ほど保温箱の中でペアリングをしていました。
今日は♀をペアリングセットから出して産卵セットに入れました。。。
産卵セットと言ってもテキトウなんですが。

「スマトラオオヒラタ」
♂は相変わらず元気そうです。最近少し大人しくなったかな?
♀はショッキングな事になっていました。
ジッとしてるので摘み上げてみたら、首?がポロッと(T_T)
いっぱい卵産んだしなあ。。。合掌。
その♀の産んだ幼虫たちの中の♂の1頭が蛹化しました。
060307_s.jpg

でっけーなー ーー;
まあどうせ成虫になって計っても大した事は無いのでしょうが、この類はでかくなりますねえ。

「パラワンヒラタ」
♂は1ヶ月ほど前からダニ取り中で“ダニオチール”に突っ込んであるのですが、やっぱりそれでも駆除できない種類のダニがいるようです。
まあ随分取れましたが。
♀はまだ元気でした。

「タウルスヒラタ」
ご存知“奈良オオ”のガラガラで当たった(ハズレ扱いだったが)ペアでしたが、♀は少し前に死んでいました。
♂は健在ですがちょっと弱り気味でダニの付着も多かった。少し心配。
この種はあまり人気が無いようですが、個人的には結構気に入ってます。国産ヒラタくらいで愛嬌のある感じです。大アゴの内側に生えている“毛”も楽しいし。
幼虫が・・・・確か15頭。。。いい加減にマットを交換しなくては ーー;

「クベラツヤクワガタ」
これもガラガラ組。。。♂は既に死亡していますが♀は一応健在。
しかしもうボチボチやばそうです。
保温箱は温度変化が結構あるので(20℃~26℃)比較的温度変化の少ない自作温室に無理矢理スペースを作って移してみました。(23.2℃~24.3℃)

「コクワガタ」
地元やO町で採集した個体が10頭前後います。
この前越冬セットのマットに黒カビのようなものが大分増えてしまったので、掘り起こしてマットを奈良オオの“成虫埋め込みマット”に交換しました。
“成虫埋め込みマット”は持ちも良いし保湿性も良い気がします。
今日は霧吹きのみ。

「アカアシクワガタ」
これはO町で昨年の夏に灯下採集したペアです。
越冬させていますが、コクワガタと同じくマットにカビが大分繁殖してしまったので、やはりマット交換をしてありました。
さっき霧吹きしようとして覗いたら、♂がマットから顔を出していました。
060307_a.jpg


なかなか笑える。


ああ!“啓蟄”だね。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ookuwa.blog20.fc2.com/tb.php/113-1e52fadb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。