スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OKUwaの産卵木を確保 

・・・話はいきなり違いますが(おいおい)今日、仕事(営業)中に中野のむし社に初めて行って来ました。
あんなマンションの2階にあるなんて思わなかったし、「営業部」とか「編集部」とかしか看板(しかもエレベーター脇にある普通のマンションの案内用)が出てないんで、暫くうろうろしてしまった^^;
平日だというのに親子連れで結構混んでたなあ。。。
お母さん+小学生という組み合わせが一杯いた。

・・・結構狭いのですね。

それはそうと、やっと福島産WILD♀??mmの産卵セットからズタボロ寸前の産卵木を確保しました。

1回目のセット
発く前の状態です。
普通、もう少し大きめのケースに大き目の産卵木を2、3本入れてセットにするんでしょうが、まあ取り合えずと思ってセットしたこともあって直径10cm長さ15cmくらいのかなり小さめの産卵木が1本です。

当初その産卵木は横倒しにして1/3ほどをマットから出してあったのですが、♀が周りをワサワサ掘り返して下に回ってあーでもないこーでもないしたもんですから、すっかり斜めになって半分くらい露出していました。
その露出しているを集中的にかなり齧りこまれています。

左側面
取り出してみました。
上の写真と同じ向きです。♀の大きさくらいの坑道が画面左下方向から斜め右上に向かってぐるりと掘られています。
・・・産卵木が小さいので輪切りにされそう^^;

反対側(右側面)
その反対側にポッコリと坑道が顔を出しています。
すげーなー。こんなに良く齧れるものだよな。
この福島産WILD♀は某氏が灯火で採集した当初から左アゴが半分近く欠損していました。
なので産卵木もなるべく柔らかめのものを選んでいましたが。。。
種の本能って凄いですね。


グシャッッッ! ドンガラガンガランン!!!!


のあああああああ!

掴んでいた所が崩れて流しに落としてしまったああああああ!@_@;;;;
やばやば。さっさと仕舞おう。T_T


埋め埋め
取り出した産卵木はドルクス暖家で購入してあった添加発酵マットの「ニューエッグマット」で埋めました。
産卵木が小さいので、もし幼虫が出てきてしまっても大丈夫なように念の為です。
十分空気に晒して置いたものなので匂いもまったくありませんから埋めても大丈夫でしょう!(たぶん)
乾燥も防げるし。(たぶん)

これで、えーっと。セットしたのいつだっけ(←いいかげん)
確か8月20日頃にセットしたから丁度10日間。
で、いつ頃割り出せば良いのかな。2令くらいまで引っ張った方が確実だ。とか、初令から菌糸カップに入れてるとか、卵で、、とか色々ですねえ。みなさん。
11月に入ったら割ってみよっと。

タノムカライッピキデモイイカラウマレテクレーーーー!


で、次をセット。
2回目の産卵セット

本当は4、5日前から♀が高蛋白ゼリーに齧り付きっぱなしになっていたので「もう終わりなのかな?」と思い、初めてだしこの1本で産卵セットをくずそうと考えていたのですが、2日前からまたもや姿を隠しました。
朝起きてチェックするとまた齧り始めています!坑道が広がっていく!
次の日の朝もそうでした。

なのでもう1回産卵セットを組んだのです。

今回は1回目のマット(ニューエッグマット)をそのまま活かして産卵木だけを新しくしました。
ケースも同じものですが、産卵木は1回目より僅かですが大きめです。材質はクヌギでかなり柔らかいものです。
奈良オオで選んで買って来ました。
1回目がマットから出ている部分を集中的に齧っていたので、今回は余り埋めずに多めに露出させています。
樹皮は全部大きめに剥がしてケースに入れておきました。
多めに入れて少しでも♀が安心できるようにしました。


今度はどーかなー?
あんまり産まれ過ぎても困ってしまうなー。とか素人らしい事を考えてしまいます。ええ。
どーせ空振りさっ-_-


・・・・って言ってる背後からゴリゴリと音がしてますが・・・気のせいだよな。



元気でーす。
元気でーす(うふ)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ookuwa.blog20.fc2.com/tb.php/13-92ec3eb8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。