スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オウゴンオニのビン交換 

そんでもってローゼンベルグオウゴンオニクワガタ(ジャワ)の幼虫のビンを交換しました。
前回は5月末に大夢Kのブロックを1,000ccビン(ブロー)に詰めたものに入れておりました。
まだ2ヶ月経っておりませんが、結構食い進んでいる感じでしたので交換して見ました。
今回も菌種は大夢Kで容器を1400ccビン(ブロー)にしてみました。

060723_1.jpg
1頭目の交換の時の画像なのですが、カワラタケ硬~い!

これって掘り出すのって不可能じゃないんですか??ってぐらいカチカチ。と言うかゴムみたいですよ!?

これは無理したら幼虫がまずい事になりそうだったので、いっそブロー容器と言う点を活かして容器自体に切れ目をいれぎゅーーーっと引きちぎってみました。

それが上の写真。

これはナイスぅ!

ラクに移動できました。

そんな感じで2頭目
060723_2.jpg


3頭目
060723_3.jpg


そして4頭目
060723_4.jpg

こいつは見事に下から上に螺旋状に外周を食い進んでおりました。

まあとりあえず全て良く育っていてホッとしました。
次のビンでも落ち着いて育つと良いなあ。。。

ラックを使った自作温室は他の幼虫の数も減って余裕が出来たので、1段を仕切り、保冷材を突っ込んでオウゴン用の簡易保冷室にしてみました。
しかし保冷材の持ちが悪くて保冷材を入れた直後は20℃くらいまで即効で落ちるのですが、3時間くらいすると徐々に温度が上がり始めて6時間も持ちません。
それなりに断熱は出来ているはずなのですが。。。

ちょっと考えねば。。。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ookuwa.blog20.fc2.com/tb.php/155-4ec7ba72

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。