スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反対の賛成なのだ~。(バカボンパパ) 

クワガタ狂の大馬鹿者達http://www.mars.dti.ne.jp/~k-sugano/bakamono_web/index2.html

私のアンテナにも入れさせて頂いてますが、ここを最初に見つけた時は宝箱を発見したような気がしましたですよ。
なんたって流行る前からずっと甲虫を追い続けている方々の貴重なコンテンツですから。貪り読みました。


そこで最近TOPで掲載されているリンクが、

昆虫達の重要な生息地である長野県入笠山風力発電建設に反対します

入笠山の西側付近一帯に特大の風力発電用風車を約60機ほど建設する計画があり、かなり広大な山林を切り開かなければならない事になるようです。
それに反対するための署名活動をオンラインで行っているサイトにリンクを張っています。


「それを自然破壊と言えばそうだけど、風力発電自体は地球環境保護に役立つのでは!?」

「地球環境保護のためと言いながら、風力発電の為に大量の樹木を伐採するのは本末転倒では!?」

建設反対、賛成、賛否両論あると思いますが、こういう署名活動が行われている事をとりあえず微力ながら紹介しておこうかと思いました。

「昆虫が採れなくなるから反対!」
一見我がままに感じる方もいらっしゃると思いますが、それも立派な意見のひとつだと思います。

良く考えて反対に賛成ならご署名を。



スポンサーサイト

コメント

難しいやね・・・

見た見た~
katuさんが疑問に思うとは驚きだ!
( ̄∇ ̄)
確かにクリーンなエネルギーだと思う。
人間が生活するためだから仕方ないって言うのが一般の意見だろうね。
でもメンテナンスなんかを考えると海岸なんかの一定に風が吹いてる所が適当じゃないのかな?

一番問題なのは未開の山に建設する訳じゃん、
そうなると道路建設で生物の生息環境を寸断する。
山の天辺を平らに整地したり道路の整備をするとどうなるか役所は過去の事例で知ってるはず。
土砂災害の原因にしかならないっすよ!
役所って言うのは市町村から国会までバカとアホと金の亡者の集まりだね。
税金の無駄使いもいい加減にしやがれ。
私の評価で行けば市役所は職員100人以下・年収上限400万、都道府県は150人以下・年収上限300万、省庁は200人以下・年収上限200万、国会議員は給料ナシで200人、天皇制廃止。
後は民間委託とシルバーで補う。
そうすればまともな考え方も出来よう。
なんにせよ人間は自然との共生なんざできない。
こんな風力発電はきれいごとにすぎないね。
現在の異常気象が理解できないようだからデカイ台風でも来て倒壊&災害出さないとわかんないだろーね。

ってことで風力発電は反対しないけどココに建てるのは反対だわ。
それよりも役所リストラして税金下げろって。


これは・・・

難しい問題ですね・・・

環境を破壊して環境に優しいエネルギーを・・・
っていう感じでしょうか(^^ゞ
私は、反対でも賛成でもないですな(^^ゞ
そう言ってしまうと誤解を招きやすいですが・・・(^^ゞ
簡単に言えば、私も人間・・・
生活しやすい環境を望みます
確かに自然は大切だと思います
しかしその大自然の中に放り出されてしまえば私は生活できません・・・たぶん
やはり生活環境の整った場所で育ち、現在まで過ごしてきた訳ですから
現在の何一つ欠けても「不自由」の言葉がついてくると思います
この場では発電による「電気」ですよね
これが無くなってしまえばそれこそ皆さんも一大事なのではないのでしょうか・・・
当然、今現在見ているこのパソコンも使えない訳ですから・・・
この建設予定もこの地域(どのくらいの範囲かは分かりませんが)の電力不足による計画なのでしょう・・・
夏場の消費電力に限界があるからこそこんな計画が進んでいるのだと思われます
まうんとさん言う様に他の場所(海岸等)に建設すればよいのでしょうが
その場所からこの地域まで電力を引っ張って来れるのかが疑問です・・・詳しくは分かりませんが(^^ゞ

私達、人間は「生活」をしている事自体が環境破壊なんだと思います・・・
そんな人間が自然保護を訴えている事事態がなんとも納得できないんです・・・
私は・・・

誰かがソレをやらなければ歯止めが効かなくなり、自然破壊はドンドン進むことも分かるのですけどね(^^ゞ

「クワガタが採れなくなるから反対」

「魚が釣れなくなるから反対」

こんなのは正直な所ただの「エゴ」ですよ
そんな人達も環境の整った場所で生活してるんですから・・・
そんな考えで物事言う人には次元が小さすぎて耳も傾けたくありません

以前も何処かで書きましたが
マトリックスの1シーンで
「人間は地球に住み着いたウィルスである」
みたいな事を言ってます
私は確かにその通りだ!と思いました
本当に地球を愛し、自然を大切に思うならば人間がこの地球から絶滅しなければならないと思うべきです

しかしそんな非現実的な考えを持つよりも今一番大切なものは何か!
というところをもっと深く考えていかなければならないのかと思います
私達の生活になくてはならないモノであれば建設もやむを得ないと思います
と同時に絶対に不必要だというものに関しては断固として反対すべきかと思います

都会で生活している人にアウトドアなどの趣味がない人はこういった問題は全く持って感心がないでしょうし
山を自然を愛する人は関心持つのも当然でしょう

私の考えは・・・

自然は大切だと思います・・・
ただし、今現在の生活があってからこそそんな考えが持てるのです・・・

結局は私も一人の人間です・・・しくしく

(お酒が入ってる状態での書き込みなので真剣に受け止めないで下さいね(^^ゞシラフであればまた違った考えになるかもしれませんし・・・(^^ゞ流して下さいね←これ重要!)

ありがとうございます。

お二方ともコメントありがとうございます。

私もちょっと微妙な感じがしております。
あえて紹介させていただいたのは、日頃楽しませてもらっているクワ馬鹿に出ていたから。
この署名運動の善し悪しを判断するのはあくまでも個人個人のアタマですからね。
大切なのは、こういう計画があってそれに反対している人たちが居る。
と言うことを知る事だと思ったわけです。

世の中こっそり話が進んでいく事が多いですからね。

反対にしても賛成にしても「知らない」よりかはマシだと思うのです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ookuwa.blog20.fc2.com/tb.php/173-f7ac9e19

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。