スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作温室 5.内部装置~完成 

内部装置なんて大げさなものはないですがね。

1.ヒーター
2.サーモスタット
3.ファン×2
4.温度計

なくらいです。
051009_1110~0001.jpg
ヒーターは前にも書きましたけど、ジャンク屋さんで買った980円の200Wの縦型?です。海野製作所とか書いてありますがググっても出てきませんのでマイナーなのでしょうか。。。
ヒーターの上段に直接熱気が伝わってしまい上の段に乗せたものが煮えてしまうので、上の段の下側にスタイロフォームで遮蔽板をつけました。
勿論前後左右は空いてます。

051009_1230~0001.jpg
ファンはこれ。マルチファン。
ネットオークションで1個1600円でした。


051009_1236~0001.jpg

051009_1237~0001.jpg
これをヒーターのある右下から上向きにひとつ、一番上の段の左上から下向きにひとつ、着けました。
ヒモで吊り下げ式にしてあります。この方がビビリ音や微振動が起きなくて良いようです。

左回りの空気の流れを作って温度を均一にしようと言う考えです。
このファンは熱帯魚水槽の水面に風をあてて、夏場の温度を下げる為のファンです。ですから長時間の稼動にも耐えられる・・・筈です・・・。(よね?)

ちょっと写真とってませんが、上から2段目の上部背面に穴を開けて、サーモスタットのセンサーを入れました。
温度計の外部センサーもその近くに取り付けて・・・


 完成です!!

いやーやっと終わった。終わった。

なんか既につくる事が目的のようになっていて楽しめました。ええ。
さー入れるものの方をヤラナクチャ。


スポンサーサイト

コメント

完成おめでとう

温室完成おめでとうございます。
これで冬場の温度管理はばっちりですね。
ところで来年夏を見据えた、冷房装置考えてみません?
ネットで調べたところ、温室クラーなるものがあるようですが、8万円位するようで高値の花です。
そこで私の案:中古の小型冷凍庫を購入し、壁に穴をあけて送風管を連結できるようにする。送風管にファンを1WAYのバタ弁を装着し、ファン駆動時のみ風が流れるように工夫。冷凍庫内に互い違いに保冷材を入れ、内部の熱容量を増加。サーモスタットでファンを駆動させ、温度を調節するというものです。
私、工作能力に自信がないので、katuさんトライしてみません?上手くいったらノウハウ教えて下さい。
P.S.今日はかなり冷え込んだので、飼育ルーム内のサーム付きパネルヒーターを作動させました。慣れれば25℃付近に調節できそうです。

・・・夏は保冷剤のみで乗り切るつもりですが・・・・。
だ、だめかな?^^;;;

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ookuwa.blog20.fc2.com/tb.php/40-0eb4243a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。